shimotaka’s blog

人生くねくね道を行く

「方向性の違い」

しくじり学園のゾフィー解散回を視聴しました。

同じ場所に夢見るものが違ったら、それは一緒に居続けられないよねという感想。

誰かの想いが強すぎると、まわりが引け目を感じて何も言えなくなるというのも、思い当たる節があって、心に強くのしかかる回でした。

 

 

今年のM-1グランプリの日程が決まる

今年、2023年のM-1グランプリの日程が決まりました。

最近は12月の上旬に行われることが続いていましたが、今年は12月24日(日)クリスマスイブに行われるとのことです。

また、敗者復活戦の会場も変更。

新宿住友ビルの三角広場にて行われるとのことです。

屋内会場なので、寒さや天候に影響を受けないということと、決勝会場のテレビ朝日まで遠くなるので、タイムスケジュールや登場順などに影響が出るかどうか。

ともかく今年も楽しみです。

 

インドらしくはない「インドカレー」

f:id:riverbeach:20200223012841j:plain

f:id:riverbeach:20200223012903j:plain

 

マーブル@有楽町

 

有楽町駅前のビルの地下にある食堂街で、いつも行列の出来ているカレー屋さんがあります。

その評判を聞きつけて何度かチャレンジしようとしてたのですが、行列嫌いなので心が折れて、いまだ食べてことがありませんでした。

先日、またまた有楽町付近で仕事があったので寄ってみると、奇跡的に行列が一人だけだったので、ようやく食べることができました。

メニューには「インドカレー」とありますが、実際には日本的なポークカレー。でもどこかスパイシーで、また食べたくなりますね。

ごちそうさまでした。

 

出雲王朝への興味

f:id:riverbeach:20200223011058j:plain

 

先日、東京国立博物館にて、特別展「出雲と大和」を観てきました。

出雲王朝から大和王朝へ、なぜ王朝交代が起こったのか(しかもおそらく平和裏に)というのは長年疑問とされているところですが、その答えはもちろんなかったものの、それぞれの文化の違いを堪能することができました。

個人的には大量に出土した出雲の銅剣と見返り鹿の埴輪が良かったです。

それと、古代の高層神殿の予想復元模型も展示されていましたが、これが現実にあったら、それだけで宗教的な説得力を持ちますよね。

できれば実際に実物大の神殿をこの目で見てみたいと思いました。

 

東海道五十三次版画展

f:id:riverbeach:20200223010230j:plain


先日、所用で座間市役所へ行った折に、ハーモニーホール座間にて歌川広重東海道五十三次版画展が行われていたので観てきました。

実は五十三次の版画をすべて一気に観るのは初めてで、江戸時代に江戸から京都まで旅をしたような感覚になりました。

ウィキペディアなどを調べると、実は歌川広重は実地を見ないで描いてるのではなどという記述もあるようですが、それにしてもこの絵の表現力、圧倒されました。